海外生産について

「貴社の技術、品質を中国で」
中国で婦人服、紳士服を生産しておられる貴社のいろいろな悩みにお応えするために、弊社の海外事業が生まれました。

こんなお悩みはありませんか?

1. 技術指導
日本の技術担当者が中国の工場で指導しているにもかかわらず、多くの不良品が日本国内に入ってきてしまう。修理代が非常に高くつく。
2. 品質検査
生地の問題 ‥‥傷、汚れ、斜行、柄違い、縮みなど
仕様の問題 ‥‥仕様違い、解釈違い
プレス仕上げ‥‥風合い、感性の違い
3. 納期の問題
現地でのトラブル発生の連絡がないために、納期が大幅に遅れる。後工程を計算しないで納期設定をしている、など、現地の様子が分からない。不良品の処理で納期遅れが発生。
4. 価格の問題
日本との合弁会社では品質は良いが工賃が高い。だから工賃の安い民営会社を使いたい。良心的な会社を探したい。どのように交渉したらいいのか分からない。
5. お直し問題
日本へ入ってからの直しをどうするのか?責任は誰がもつのか?本当にうまく直せるのか?
6. 意志の疎通
コミュニケーションが取れないため意志がなかなか伝わらない。国際電話がつながらない。すぐに現場でチェックして連絡が欲しい。
7. 得意の営業を活かしたい
仕事を受注することはできるが、海外生産の経験がない。あるいは技術指導が不得意。信頼できるパートナーが欲しい。
上記の問題解決のために
当社の海外事業のシステムをご活用下さい!!

技術指導・検品システムの概要

一般的な中国での製品検査について

従来んお検査については、完成品をお客様(アパレル様)の指定検査工場に入れて、良品と不良品の選別をして、不良品は再度工場で修理をする、というのが一般的です。
工場と検品会社の基準の違い、検品会社と日本のアパレル会社の目線の違いから、いろいろなトラブルが発生してます。

当社の検品システム

当社の検品システムでは、当社にて訓練を受けた指導スタッフが、御社指定の工場に出張し、常時指導をします、また出荷前には全量の検査を行い、不良品については、その場にて修理を済ませて良品だけを日本へ出荷します。
その後、国内プレス検品工場にて再プレスとチェックをした後、お客様に納品します。

技術指導について

日本国内にて3年間の日本語(日本語検定2級レベル)の習得と技術研修を行っております。 修了生は、サンプル縫製ができる程度の高いレベルを修得しており、海外での技術指導のリーダーとして活躍しております。

技術指導、検品員の仕事内容

1. 仕上げサンプルのチェックと指導
工場で作成したサンプルのチェックをして不良箇所の修正指示を出す。寸法とコメントを書いて提出。
2. 原反キズ、色むら、柄合わせの確認、裁断状況のチェック
キズなど、お客様との目合わせ。
3. 中間パトロール検査
縫製上がりの製品を定期的に抜き取り検査を行い、寸法などのチェックをする。
4. 納品前製品のチェック
日本へ出荷する前に、お客様の指示に従って、各色各サイズ必要枚数の製品検査を行う。
5. 納品前全数検査
日本からの、先上げ製品、納品前製品の検査結果及び注意事項を忠実に守って検査。
不良品については、その場で修理・補修を済ませて出荷準備をする。
6. 報告書の作成 (オプション)
不良データと不良の詳細を提出します。

品質の良い製品を作るには‥‥

中国の会社の技術ランク、管理の程度、工場責任者の理解度、協力度、仕組みの完成度、設備の量、質、従業員の技術、経験などいろいろな条件を揃えなければなりません。
フェニックスサンコーみの海外事業は、日本で3年間の縫製の研修と実習を終えた中国人と日本人との協力をもって、良い製品を日本へ入れるシステムです。

このシステムの特徴は、日本へ入国する1年前から始まります。簡単な日本語日常会話と日本の製品や習慣を知るための勉強を、送り出し機関の責任で行います。日本の受け入れ機関での集中研修の後、
1年目は裁断、型入れ、部分縫い縫製の研修など、
2年目はサンプル作成、型紙チェック、日本語の専門用語、日本語会話など
3年目はライン長の仕事(現場管理)、品質チェック、パトロール検査、コメント記入、寸法チェックなど、
というカリキュラムで、中国へ帰ってからの仕事に備えて真剣に実習を行います。

中国側の工場の品質意識を高め、不良品を日本へ出荷させないためには、 基本を忠実に守ること。 原反検査・付属チェックを確実に行い、延反・裁断・接着縫製・まとめ・プレスの各工程で間違いの無い作業を行う必要があります。
製品を作る段階にこそ細心の注意を払うことです。

事業内容

サービス

お問い合わせ

サンプル縫製に関する質問、資料請求はこちらです。

お電話からのお問い合わせ

0575-33-1175

受付時間:
10:00~18:00(平日のみ)

オンラインからの
お問い合わせ

資料請求はこちらから

 

Copyright (c) Phoenix Sanko Mino co,ltd All Light Reserved